洗顔を見直してみよう!それがいちご鼻のケアにつながります。

いちご鼻を改善しようと、色々なケアを試す人は多くいますよね。
リメリー(Remery)を使ってケアしている人も多いと思います。

 

でも、肝心なことを疎かにしてしまっている人は、多いんですよ。

 

それは、洗顔です。

 

 

いちご鼻になってしまうのは、毛穴に古い角質や汚れが詰まってしまうからですよね。

 

そもそも洗顔方法が間違っていたら、どんな改善方法を試しても、いちご鼻は改善しませんよね。
まず、何故古い角質や汚れが詰まってしまうのかを考えます。

 

 

毛穴詰まりが起こっている人は、自分のお肌が脂性肌であると考えている人が多いのではないでしょうか?
それで、脂が落ちる様にゴシゴシ洗ってみたり。

 

でも、実はそのお肌は乾燥しているのかも知れません。

 

お肌トラブルの原因で一番多いのは、乾燥です。
お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下します。

 

すると、ますます乾燥が進みますし、バリア機能が低下しているので刺激に敏感になります。

 

お肌が乾燥し刺激に敏感になると、お肌は自分を守ろうとする行動に出ます。
皮脂を多く分泌するようになるし、お肌を守る為の角質を多く生み出すようになります。

 

角質が増えるので、お肌が固くなります。

 

当然、毛穴も硬くなります。
皮脂の分泌は多く角質も増えその上毛穴まで硬くなると、毛穴に汚れや角質が溜まりやすくなるのです。

 

これがいちご肌の原因とも言えますよね。

 

 

このような乾燥を招くのが、間違った洗顔なんです。
自分では優しく洗っているつもりでも、お肌からすると皮膚を擦られまくっている状態だったりします。
顔を洗いすぎなんて事もあります。

 

 

顔を洗う時は、洗いすぎ・洗わなすぎに注意する必要があります。
多くの人が、朝も夜もしっかり洗顔すると思います。
でも、日中の汚れやお化粧の乗った顔を洗う夜と違い、寝て起きただけの朝はしっかりした洗顔は不要と言われています。

 

朝の洗顔をやめた方が良い、と言う意見があります。

 

これは、洗いすぎに対する注意です。

 

でも、脂性肌の人は起きた時に顔が脂っぽくなっていたりしますよね。
こんな時は、ちゃんと脂っぽさを洗ってあげなければなりません。

 

これは、洗わなすぎに対する注意ですね。

 

 

多くの場合、朝の洗顔は洗顔料を使わずぬるま湯でしっかり洗ってあげるだけで良いそうです。
でも、自分でお肌の状態をちゃんと確認して、洗いすぎ・洗わなすぎに注意しながら洗って下さい。

 

夜は、しっかりクレンジングしてしっかり泡をあわ立てて優しく洗顔してあげて下さい。
泡で洗うイメージで、手が顔の皮膚に触れないように洗ってあげてください。

 

そして、水分を拭き取るときは、ゴシゴシ擦ったりせず優しく拭き取ってくださいね。
洗顔後は、リメリー(Remery)でのケアを忘れずに。