いちご鼻の治し方!あなたのケア方法は間違っているのかも!

顔の中心にある鼻に黒いブツブツが出来てしまうと、とても気になりますよね。

 

「このいちご鼻をどうにかしたい!!」
と思っている人は多くいると思います。

 

いちご鼻の治し方を調べると、色々な方法が紹介されていたりしますよね。

 

 

いちご鼻の治し方は、毛穴に詰まった角質や汚れを取り除く方法ですね。

 

でも、無理矢理に角質を取り除く方法は良くないそうです。

 

無理に角質を取り除こうとした場合、かなりの確率でお肌を傷つけます。
お肌を傷つける行為はお肌を悪い方向にしか持って行きません。

 

いちご鼻の改善ポイントは、いかにお肌を傷つけずに角質や汚れを取り除くかです。

 

 

基本中の基本として、正しい洗顔を行う事が大切です。
いちご鼻だけではなく多くの皮膚トラブルが、洗顔の基本を行っていないから起こっていると思います。

 

洗い過ぎない、肌を擦らない、お湯で洗わない等の基本中の基本も、出来ていない場合が多いので、一度自分の洗顔を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

いちご鼻の解消方法として一番行われている方法は、「毛穴パック」ではないでしょうか。

 

毛穴パックは毛穴の汚れをごっそり取ってくれる手っ取り早い方法です。
とても魅力的ですよね。

 

でも、毛穴パックを使う時は注意が必要です。
毛穴パックは、とてもお肌に負担のかかるパックなんですね。

 

角質を取り除いた毛穴は開きっぱなしの事も多いですし。
頻繁に毛穴パックを行ったり、アフターケアをきっちり行わなかったりすると、逆にいちご鼻が悪化してしまいます。

 

 

毛穴をマッサージして詰まった汚れを落とす方法もありますね。

 

多くは、まずホットタオルなどで毛穴を開き、オイルマッサージを行う方法ではないでしょうか。

 

毛穴周辺の皮膚を柔らかくすると言う意味では有効だそうです。
でも、この方法も注意点があります。

 

まず、毛穴汚れの70%は角質です。
角質は、たんぱく質なので、温かくしても溶けません。

 

ホットタオルは毛穴を開く為であって、角質を溶かす為ではありません。
同じ理由で、オイルマッサージを行っても角質が「溶け出す」事はないと考えて下さい。

 

オイルマッサージはアフターケアを方法を間違えたりアフターケアを疎かにすると、逆に毛穴汚れが詰まっていちご鼻を悪化させてしまいますよ。

 

毛穴汚れを落とす方法として、最近はピーリング洗顔を行う人も多いですよね。
余計な角質を落とすピーリング洗顔は有効だと思います。

 

でも、ピーリング洗顔はやりすぎると健康で必要な角質まで溶かしてしまう恐れがあります。
ピーリング洗顔を行う時も、間違ったケア方法にならない様に注意して下さいね。

 

やはり、一番のケア方法としてはリメリー(Remery)のように、いちご鼻に特化したものを選ぶのがおすすめです。